トラックを利用した輸送術

私の会社で取り扱っています精密機械のトラックへの積み込みから輸送方法についてお話します。私の会社で取り扱っています精密機械には大きなものから小さなものまで数多くの種類のものがあります。大きなものでは重さ1.5トン〜2トン近いものがあり、これらの精密機械はトラックを1台貸し切って積み込みから輸送を行います。また一方で小さな精密機械は専用の梱包箱に入れ、クロネコヤマト便や佐川急便や福山通運や日通航空などの路線業者便を使って輸送を行います。この小さな精密機械の梱包箱での輸送は重量で30キロまでのものを行い、30キロ以上の精密機械についてはパレットに載せて、パレット輸送の可能な福山通運の路線業者を使って輸送を行います。

ただ30キロ以上の精密機械でも重さ1.5トン〜2トン近くある重量物については、二トントラックや四トントラックを1台貸し切って積み込みから輸送を行います。トラックへの積み込みはクレーンを使って行うことがほとんどですが、精密機械の形状によってはフォークリフトを使って行うこともあります。いずれにせよクレーンなりフォークリフトを使って積み込みを行います。そしてトラックの荷台に積み込みました精密機械はロープで固定を行い、シートを掛けて輸送を行います。このようにして30キロ未満のものについては梱包箱に入れて路線業者を使って輸送を行い、30キロ以上のものについてはパレットに載せて福山通運で行うか、重量物についてはトラック1台を貸し切って輸送を行います。